ブログ

函館・帯広と札幌の違い コロナ意識

先週は帯広  今週は函館へ出張に来ております

 

春にスタートするはずだった着付け教室をやっと再開です

出張に来て思ったのは、帯広も函館も札幌よりもコロナに対する意識が高いということ

 

帯広でのこと  先生から「エレベーターに4人乗ったとするでしょ そうしたら皆、隅の方を向くんだよ」って もちろんマスク着用は当然のことですが、全員背を向けて立つのだという  これはかかる人いないわけだわ って思いました

 

 

そして翌日、違う先生と帰るときにエレベーターに乗り込むタイミング  マスクをしなくちゃ とマスクをつけながら、「帯広の方はエレベーターに乗るとき・・・」と昨日の話をしていたら

 

 

エレベーターに同乗していた知らない男性が「そんなことはないですよ~」と笑いながら言うではありませんか  そしてその先生も「聞いたことないよ笑」 と  どうやら担がれたのかな~

 

でも皆意識は高い  これは少ない原因  共存しなきゃいけないから気を付けよう

 

函館に来ていますが、教室スタートのご挨拶や説明のためです  当教室のコンセプトは着れるようになることではありません ・速く着れた  ・簡単に着れた  ということを優先しません

 

それよりもオシャレに着れることを重要視しています  完成が素敵ではないと着た意味がない(ちょっと言い過ぎだけど)と思います  着物を着るときはオシャレをするとき、礼を尽くすときがほとんどなので、それなら「オシャレに着ましょ」ということです

 

ところでオシャレって難しいものだと思われがちです  そりゃそうなんですけど、そうでもない と思います

 

洋服のおしゃれはハードルが高くなります  「洋服のオシャレ」っていうと一般のひとが想像しないような柄や色の組み合わせ、外し(デニムにヒールなど)だと思いますが、着物は正攻法

 

それを感覚では聞いてきたけれども、理論的にどうしたらよいか説明できればと考えておりました  そこで、それをYouTubeにアップしてみました

 

コロナで暇だったときにチャレンジしてみました  よければご覧ください  素人が作ったものなのでクオリティはまだです 1年後には格好良いの作れたらいいな~  → 「着物をオシャレに着こなす4つの要素」 

 

「いいね」 と 「登録」をいただけると助かります

 

さてさて、函館では楽しみなものがあります 

 

やっぱり食事  函館には有名な回転寿司があります  ここのレベルはすごい  こんなおいしい回転寿司は食べたことがない  最高なのです  もう僕はここでいいです (言い過ぎたかもしれません)  回らないお寿司のご馳走お誘いはいつでもお受けします  

 

いつも行くところは

宇賀浦店  ここは他よりもおいしい気がしていました

調べたら本店でした

 

しかもこの函太郎は函館だけではなく、新千歳空港にも  そして遠くは大阪まであるというではありませんか  なぜ札幌に作らないんだろ

 

ふのりのみそ汁が好き  すじこも好き  しめ鯖も好き

 

本日の最終は甘えびでした

 

でも1回の出張で1回までですね  お寿司はたまにでいい