ブログ

本当に腹が減る合図

年始でしっかり休んでたっぷりカロリー蓄えて、今日に至ります

 

そろそろ仕事しなくちゃいけないのに、まだダラダラ感が否めないまままたお休みになりました

 

そんな休日は、問屋さんを2件まわって、悉皆屋さんへ行き、カフェでランチをとりながらパソコンに向かっております  ちょっと格好良い休日の過ごし方です (と思っております)

 

また、全国的になかなかしんどい時期に入りました  第何波目かに入って「不要不急」 という言葉が世界を席巻しています

 

この言葉が世に出てから(きっとこの言葉はそれまで聞いたことなかった)1年近く経ちますが、思えば僕はずっと不要不急だ

 

そんな人、結構多いのではないかと思う

 

友達のいない人とか(僕もそう)  あと、世の主婦の方々  皆さん、とっても忙しい 食事を作って、洗濯をし掃除をして、その合間に子供の習いものや塾の送り迎えをする  どこに自分の時間があるのだろうか  それを捻出するには、睡眠時間を削るしかない

 

じゃあ、この怖いウイルスを媒介しているのは、世に出ている人たち??  そんな気もしてくる  

 

とにもかくにも、なんとかしてほしいな~  

 

解決策はわからないけど、最後は皆で協力するしかないよな 今は皆バラバラだけど最後はそれだな~

 

 

さてさて、今日は久しぶりにお腹空きました  っていうかこれが空いた感覚だな と思いました

 

この年末年始は朝食は抜いてたけど、午後からは食べ放題やっておりました 

 

好きなものを好きなだけ食べる  しかも実家でついたお餅もたくさん、お雑煮の汁もたくさんお土産にもらったもので  だから毎食2枚のお餅を食べるわけです なんなら3枚になることも

 

こりゃ増えるよね 腹の脂肪  こりゃ食べ放題になるよね  空腹なんてあるわけない!

 

僕が見つけた理論があります  食べれば食べるほどお腹が空く  胃を動かすとより食欲を増やしてしまうのだ  これは実証済

 

でも食べなければそこまでお腹は空かない  

 

 

食べないでいると一時、空腹を感じる  これが朝8~9時ころ  それを過ぎるとそれはおさまってくる

 

で、久々の今回 8~9時の第1波を超え  10時ころ第2波が訪れた 胃が締め付けられるような  痛いような そんな感じになる  これが空腹か  

 

それでも20分もしたら落ち着く  で僕は気づく

 

腹って満たす必要はあるのかと

空腹は何かの合図だとは思うけど  飽食の時代  この合図はもしかしたら、偽りなのかもしれない

 

僕が思う本当の空腹と、人間が本当に食事を摂らなければいけない合図は違うような気がする

 

 

僕が1日置き絶食をしたときに感じる、空腹  これは本当に合図なのだ

 

眠くて眠くてたまらなくなり、急にスイッチが切れるような感覚  これは電池で動くおもちゃと同じ  徐々に動きが緩慢になってきて、いずれ切れてしまう  そんな流れ

 

この眠さは耐えることはできるけど、運転しているときはちょっと危険な感じ  路肩に停めて、寝たことはないけれども、相当な眠さなのだ

 

 

これが本当の合図であった、いつもの空腹感は僕はあまり信用していない

 

このご時世、カロリーはすぐに摂取できます 財布があればいつでも  スマホがあればコンビニで買えちゃうんだから

 

僕は空腹にも負けない精神力で今年も乗り越えていきます

何の宣言でしょう。。。

 

もひとつ持論  じゃあご飯を食べる理由

 

1.それが楽しみ(ストレス解消)だから

2.暇だから

3.作ってくれる人がいるから

 

これだね  

 

最後に言いますが、こんなことを言う友達がいたら本当にウザい存在だと僕は思います