きものパーティー

函館でパーティーへ

2月1日は「函館のパーティー」でした  

 

函館はとても良い街です  好きな街です  僕が滞在した時間を計算すると札幌の次、いや転勤していたから広島が2位 函館は第3位に入ります  良い思い出がた~くさんあります  お年玉を握りしめて長崎屋に買い物しに行ったり、大きなバッタを見つけたり いろいろあったな~

 

函館にはいつも車で行くのですが、今回はJRで行くことに

 

JRに乗るのはどれくらいぶりだろう  ワクワクです  10年くらい前に函館札幌間にはお座敷があった  畳にテーブルを囲んで座れる  スペースは小さいけど、なんなら寝っ転がれる  こんな素敵なことができるのは電車くらいなもんです  いや、もういつもの感じで汽車  汽車っていうのは北海道のひとくらいなもんだとか 都会人は電車らしいです

 

緑の窓口にはマスク励行のスタッフ  時期的に仕方ない  マスクは表情がつかめないので苦手です  

 

調子にのって指定席を確保 ついでにお座敷があるか聞いてみる  ない!  今はないそうです 残念  ゆっくりできるスペースなのに  

 

JRの小出張に期待しつつ準備をしているとあることに気づく  荷物がすごい多い  景品・お客様への納品物・ゲームに使う備品・そして自分の着物一式  これ旅行バッグに入らない  全然無理

 

実家に特大を借りに行く  これは海外旅行1週間行く感じの大きさ  もちろん、機内持ち込み禁止  JRだって席には運べない  上にだって積めない  いやこれもち上げるには相当な力持ちだと思う  落ちたバッグに直撃したらぜったいにケガ

 

でも知ってます  車輛と車輛のつなぎ目にはバッグを置くスペースがある  いつも思うけど、防犯上は問題ないのだろうか  とられることもあるし、間違えられることもある  どう体をよじっても席からは目えないし  なくなった経験のある人はいないのだろうか・・・

 

6:53の汽車はなかなか快適  混んでなかったし、背もたれも倒せたし  市電に乗って開場1時間前には入室  そして準備  でも函館の皆さん ほんと早い  これはすごいことです  着付け中にアクシデントは必ず起こるのですからそれも想定内なのでしょうか

 

そしてスタート

全国どこでもこの光景です  食べ物の汁が気になるところですよね

 

 

今回は初ゲームを考案  それにドキドキしていて、いつもより写真の枚数が少ないです

そしてゲームを進行するのでその写真はなし  他の地区でもやるので、まだ内緒にしておきます 

 

じゃんけんは定番

 

今まで大きなものは当たったことがなかった というOさま  良かった~

 

いつも言われます「私 当たったことない」 そのときぼくは申し訳なさから「必ず いつか当たります それまで出続けてください」って  苦し紛れなんですが、これ今思えば 競馬理論と同じ  

 

絶対に勝てる方法があるんです  競馬で負けない方法  1回負けたらその倍かける また負けたらまたその倍かける  それを繰り返せばいつか当たる  でもお金が先に尽きる(かも)  100円かけて10回負けたら10万円 

 

決勝  いつもの大先輩がやはり決勝へ  本当に強い

 

景品のバッグをかけて写真  こういう写真をたくさん撮りたかった  けど僕の時間の見つもりがあまくて・・・  

 

あっという間に時間がいつもよりオーバー これは新しいゲームをいれたからだろうか  でも楽しいからまたやってみよう  

 

ホテル内にある昔の地図の前で撮影しました  

 

そんなこんなであっという間に汽車の時間  急いで着物を脱ぎタクシーに乗り込む  良いタクシーにあたりおじさんが抜け道を通ってくれました

 

お土産を買いたかったけどあと2分しかない  お土産売り場は少し奥  で諦めて乗車  1分しかなかった  

 

今回は皆さんとお話できなかったし、写真も少なかったし残念でした

次回は車か余裕をもっていこう  

 

それにしても函館の方は意識が高いです  「この着物にあう長襦袢がないから見ておいて!」 そんなこと言われたら安く探しちゃいます  おしゃれのお手伝いをするのが僕の仕事ですから