ブログ

悪口じゃないのそれ

こんにちは  帯広出張から戻ってきました  

 

水曜の朝行こう と思っていた月曜  何気なしに予定表をみると水曜の朝からイベントがスタートになっている  会場の準備やらいろいろ考えたら朝じゃ無理  どう考えても無理

 

完全に間違ってた~  気づいたのは月曜日の夜  ドキドキして眠りにつく  火曜朝、会場をおさえてホテルをとって急遽夕方から出発することにしました  こんな間違いをするなんてどうかしてる

 

昔も一度あったな~  翌日の夜に予定していた仕事をスタッフに伝えてなくて、前日22時に急遽すべてを手配  これも何とか間に合ったし、ほんと大きな失敗がなくて自分はツイてると思う    それとも悪い記憶は忘れているのか  人間は忘れてしまう生き物だよね

 

帯広は高速を使えば2時間半で行けるので近いといえば近い  景色もいいし   

 

でもちょっとだけ不満  高速で飲食があるパーキングが少なすぎ  休める場所がないのです  缶コーヒーを買えるくらいの自販機があるだけ

 

それと大半が一車線  だから遅い車の後ろにつこうものなら最悪  しばらくはノロノロ運転をしなければいけない  追い越し車線も少ないんだよね  僕はスピード出す方ではないけど、高速はそもそも急いでいるときに使うものだから  そこでノロノロは意味がない  信玄に行って塩ラーメン食べるようなものだ! あそこはこってり味噌ラーメンが旨いからね    

 

休憩スポットがないのも、一車線なのも走行量が少ないからなのだろうか  皆で帯広行こうよ!

 

いろいろあるけど帯広出張は好きです  まずおいしいものが多い  肉と野菜は日本トップレベルだと思います  正直、札幌に住んでるとあえて魚介を食べようとは思わない 「肉」を食らいたいのです  肉をもりもり食らいたい

 

帯広は焼肉のおいしい街としても有名  そして豚丼  僕が好きなのは駅中に入っている「ぶたはげ」ここが旨い  

 

たくさん有名店があるけど  大概食べに行ったけどやっぱりここに戻っちゃう  

 

で、今回もそれを現地の生徒さんに力説したけど、誰一人として「ぶたはげ」を知っている人がいない  なぜ?・・・

 

あんなにおいしいのに  駅の中なのに  

 

僕が連呼する度にちょっと恥ずかしくなる  だって「ぶたはげ」ですよ  誰がつけたか「ぶたはげ」です

 

セクハラを恐れずに解説しますが  「ぶた」はお肉付きのよい方の代名詞   「はげ」はお髪の毛の少ないまたはない人の代名詞 です

 

それ、あだ名としても面と向かっていえないレベルのかなりひっかかるレベルですよね  コンプライアンスに

 

社長がそうだったのかな  お肉付きがよくてお髪の毛が薄くらっしゃって(できるだけ丁寧に表現しています)

 

でも旨いから一度は食べてほしい  有名店に負けないんだから  旨いんだから

ってわけで今回も食べてきました

メニューはシンプルに豚6枚か4枚だけ  間違いなく6枚  せっかく来たんだもの 人間だもの

 

以前に父親と一緒に出張来た時に「旨い」って言ってたから間違いなし  札幌戻ってからも「ぶたはげまた行きたい」って

 

また行きたいな~  次は9月かな