ブログ

背が高い 裄の長い人の長襦袢

2月末に始めたダイエットは順調です

 

1日おきに3食の食事をするスタイルをはじめて3か月ほどで6Kg  これ以上痩せると貧弱に見えると判断し食事を見直しました  よし 夜だけ食べよう毎日   これは楽です  毎日食べれるのでほとんど我慢しなくてもいいわけです  

 

楽だし体重は維持できるしこれは最高だ  と思っていましたが、体重は減る傾向  考えてみました   そうか1日おきに3度食事をするより、毎日1食のほうが摂取カロリーは少ない  そりゃ減るわけだ

 

なので、1日1食時々2食にしてみました  体重は変わらず  これはちょうどよい感じ  このダイエットはおすすめです  

 

さて、最近は背の高い方が多い  女性でも170㎝位ある方も これって男性でいうと185㎝くらいです  お店の中から外を見ていて明らかに175㎝はあるだろう というひともちょこちょこいます  着物着れないな~ と

 

着物はオーダーなので寸法があわないと格好悪いです  身長が高いと身丈が出ません  そして身長と手の長さは比例するので裄もとれないことも

 

身丈は短いとおはしょりが出ないこともあります  腰紐の位置をできるだけ下げても、ぎりぎりで身長マイナス2㎝位の身丈は必要です(肩から裾までの長さ)

 

裄は手を斜め45度に下ろしたときに、手首のぐりぐりにかかるか、かからないかくらいがちょうどよい長さです  これが2~3cmも短いとせっかくオーダーなのに・・・ となります

 

着物を揃えるときに注意したいのは、反物の幅です  今の反物は大体1尺=37.8㎝ほど  昔の着物はこれより2㎝近く短いことも  1尺でとれる裄の長さは1尺8寸6分~1尺8寸8分 ※縫い代によって多少の差があります

 

この長さは身長でいうと166~168㎝くらいです   

 

でもこれは今までの数値なので、最近の方はもっと手が長いこともありますし、スポーツをしていて筋肉があったり、腕が長かったりとすると  またかわってきます  テニスとかバレーとかは手が長くなるそうです

 

なので、165㎝を超える身長の方は要注意です  

 

この裄は着物だけではなく長襦袢も問題です

長襦袢は着物よりも短くてよいというイメージがありますが、肩幅は着物と同じだけ必要です  もし肩幅が着物よりも短く仕立ててしまうと「ふり」から長襦袢が出てきてしまうこともあります

 

というわけで今回は反物の幅が長い長襦袢をご紹介します

白です  ただの白ではなく 家で洗えて絹の白です  

そうです  当店でも人気のあさみの洗える長襦袢

これは北海道で単衣も夏時期も着ることができます

無地ではありますが、表面に菱型の地柄があり、凹凸になっています   そのため、肌にぴたっとつくのを防ぎ、汗をかいても涼しくすごせる というわけです

 

洗い方の説明もあります

 

洗える長襦袢をお持ちでない方は一度お試しください

一番持っている方は3着作られていますよ